スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3枚のTシャツを使って帽子にリメイク

最初にお伝えしておきます。
今回、リメイクするにあたって実家の母が切り抜いていた雑誌の切抜きの帽子の作り方を
参考にリメイクしております。
帽子を作るのにとても素敵で簡単な方法が載っていたので参考にさせていただき
私なりのリメイク方法でわかりやすく作り方を掲載しています。

出来上がってから、これは大事に着たTシャツをリメイクするのにととってもいい!
皆さんのお役に立てるはずと思いUPした次第です。

今回、途中経過の写真は撮っていません。

文章だけの説明だとわかりにくいかも知れませんので。
わからない点は気兼ねなく聞いてください。




夏も終わって着れなくなったTシャツがたくさん出てきました。
そこで子供の好きな色のTシャツを選んで帽子を作ることにしました。


出来上がったものはこちらです。
かぶり方でこんなにアレンジが出来ます。

Dscf5099.jpgDscf5096.jpg
Dscf5093-1.jpgDscf50900-1.jpg


古着を使うので私なりにわかりやすいようにアレンジして作り方を載せてみました。
参考までにこの大きさだとちょっと頭が大きめの中学生から大人ぐらいだったら大丈夫。


1.色の組み合わせを考えて3色のTシャツを用意します。

2.裁断寸法は縫い代を含め断ち切りで25X62です。
 (寸法は今回私が作りました帽子の参考寸法です。深めにかぶりたいので幅を大きくとっています。)

  「黄色のTシャツは柄無しにしたので脇の部分を輪にして切りました。
  脇を輪として取ると25x31の寸法で裁断することになります。

  黒と白のTシャツは柄を利用したかったので真ん中に合わせて両脇の縫い代を含め
  25x32の寸法で裁断し、片方の脇を1cmの縫い代で縫います。

  縫った部分をアイロンで割って開いてみると
  25x62センチのサイズの布が3枚出来るはずです。」


3.その3枚を好みの順番で3段に並べて1cmの縫い代でつなげます。

4.アイロンで3で縫った箇所の縫い代を割り、脇を1cmの縫い代で縫って筒状にします。

5.中裏になるように折って2重にします。
 (このときはまだ筒のまま上も下も開いている状態です。)

6.最後に裾を二つ折りにしてまつり縫いをして閉じて出来上がりなのですが、

ここで注意!一作業
「裾を合わせるときに内側だけ1周ぐるっとねじってからまつります。」

そうすると上部がこのようになるのです。
Dscf5095.jpg

これで出来上がりです。


作り際のポイント
*Tシャツは伸びるので多少の誤差は問題ありません。
*あくまでもこの寸法は参考寸法ですので、アレンジしてください。
*私は縦を縫い代含めて25センチにしましたが、この幅は作る人の感覚で狭くしたり
 3種類以上の色を使ってもいいと思います。


私もいいかも!と思いかぶってみたら・・・
全く似合いませんでした。笑
柄、色を考えて古着をチョイスすると全く違ったものが出来ると思います。



COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。