スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のシャツから子供のノースリーブワンピを

私の着なくなったシャツを子供のノースリーブワンピにします。
まず袖の部分を切り落とします。
1.jpg


袖の部分ってよく見ると後ろ見頃のカーブより前見頃のカーブのほうが
内側に入っているのわかりますか?
それと同じように切りなおします。あんまり深く考えずだいたいで・・
1-2.jpg

胸にあるポケットは取り外します。

この状態で子供に着せてみると脇がちょっとブカブカだったので脇を詰めました。
1-3.jpg


袖周りをバイアスで始末してもいいのですが、私はリネンリボンをつけることにします。
リボンでもバイアスでもそうですが、こういったカーブの部分につける場合は少し緩みを持たせてつけます。
そうしないとつれが出来てしまいます。

1-5.jpg

取り外しておいたポケットを下につけました。

これにベルトをつけたいと思います。
ベルト通しは切り離した袖などの部分でつくります。
私はある程度の太さのひもを作る場合は縫ってひっくり返すってやり方ではなく出来上がりの寸法にアイロンを抑えてから端ミシンをかけます。
1-6.jpg



つける場所を決めて仮止めし
1-7.jpg


ミシンでこのように止めました。
1-8.jpg


リボンは袖の部分を利用して細いリボンを作ったり、ベルトがあれば
そのまま利用したり♪
今回、私は細長い紐状のリネンがあったので三つ編みにしてリボンにしてみました。

出来上がりはこちら
1-9.jpg


出来上がったのはいいのですが、
ちょっと袖の部分が大きかったかな?と反省。^^;

出来上がって思ったのは、前開きで下までボタンがあるシャツで作るのがお勧めです。このようにかぶりのシャツでは子供が楽に脱ぎ着ができるものと考えるとどうしても袖の部分に緩みを持たすようになってしまいます。
このシャツは伸びがあるシャツだったので大丈夫でしたが、硬めの生地だと無理かなって思います。
前空きで下までボタンのあるシャツなら細めでも素敵だし、大きめでもかわいらしくできますね。

10歳の子供に作ったので襟の部分が大きくて違和感が・・・ってことは感じられませんでしたが、小さいお子さんに作る時は大人のシャツだと大きいので襟の部分を切り取ってしまってレースをつけたスタンドカラーにしてもいいと思います

いろいろアレンジして作ってみてくださいね~~。

COMMENT - 0

TRACKBACK - 1

この記事へのトラックバック
  •  ノースリーブの厳選紹介
  • アイシスプラスは、超極細ナイロン糸(アイシス)に吸熱効果に優れたエリスリトールを加工した新冷感スポーツファブリックです。・ソフトな肌触り一般的なナイロンの糸の約半分の太さの極細ナイロンを倍の本数束ねた構造で、よりソフトで吸水性にも優れています。・高い吸湿
  • 2007.08.17 (Fri) 06:40 | シャツの感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。